【しつけ系】マナーハンドラーテスト 資格取得の流れや費用

マナーハンドラーテスト

出典:一般社団法人 優良家庭犬普及協会

▼ 申し込みはこちら

マナーハンドラーテスト
https://www.cgcjp.net/mht/application/

マナーハンドラーテストとは

マナーハンドラーテストとは飼い主と愛犬のペアが社会に適応するための最低限のマナー、しつけの向上を目指せる試験です。高度なテストとして「GCT(グッドシチズンテスト)」があります。

テストは全9項目。犬に指示をだすときの声かけや号令、ほめ言葉などの制限を設けておらず、連続しない吠えはセーフなど合否判定がゆるいため、経験の浅い人でもチャレンジしやすい試験です。

どこで活躍できるの?

  • 日々の暮らし
  • しつけ
  • トレーナー

マナーハンドラーテストの取得方法

受験資格

  • 特になし

受験費用

▼一般の人

  • 受験料:3,850円
  • 合格証:1,550円

▼協会会員

  • 受験料:3,300円
  • 合格証:1,550円

試験会場

  • 屋内外いずれでも可能

試験内容

  • ビニール袋の提示
  • 他人になでられる
  • 3種の刺激のなかでの散歩
  • 伏せ・まて(10秒)
  • おすわり・まて(20秒間)
  • 呼び戻し
  • ほかの犬とのすれ違い(2m)
  • 飼い主による足拭きとブラッシング
  • 足元で犬を伏せた状態(5分間)

資格取得の流れ

  1. 申し込み
  2. 認定試験
  3. 合否の判定
  4. 資格認定

関連記事

おすすめ記事

  1. 犬と人
    犬との暮らしでは、いろいろな場面でしつけが関わってきます。 そして、そのときに大切なのが、ど…
  2. 猫と心電図
    犬や、猫など大切なペットの健康維持には欠かせないのが、動物病院。 日々のケアの相談や、定期検…
  3. ドッグフード
    愛犬の健康の第一歩は、日々の食事から。 そう、ドッグフードです。 でも、いざ選ぶとなる…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る