多頭飼いのメリット・デメリット!先住猫との対面手順や注意点

多頭飼いの子猫たち

猫を2匹以上飼う、いわゆる「多頭飼い」に興味のある飼い主は多いはず。

家に猫が増えるたび、楽しさは2倍、3倍と増えるのですから魅力的なのは当然です。

でも、一方で多頭飼いには、単頭飼い(1匹のみ)のときとは異なる難しさがあります。

そこで、今回は猫を多頭飼いするメリット・デメリット、先住猫がいるときの対面手順や注意点をまとめました。

猫を多頭飼いするメリット・デメリット

メリット

▼ いろいろな猫を同時に楽しめる

猫は種類によって特徴が、そして個体によっても性格がまったく異なります。

多頭飼いすることで、いろいろな猫と触れ合うことができ、猫と暮らす楽しさが一層増すことでしょう。

▼ 猫同士で遊び相手ができる

寂しがりやの子や、留守番が苦手な子にとって飼い主のいない、1匹で留守番する時間はストレスが溜まるものです。

多頭飼いでほかに一緒に暮らす猫がいれば、遊び相手になってくれて、寂しさを紛らわせてくれることしょう。

デメリット

▼ 費用も手間もその分だけ増える

猫を飼うにはフードやトイレの砂などの消耗品、通院費などいろいろな費用、そして手間がかかります。

多頭飼いで猫が増えればその費用や手間も倍、とまではいかないまでも増えることは間違いないわけです。

▼ 猫同士が仲良くなるとは限らない

猫にも、人と同じようにその子ごとに性格があります。当然、ほかの猫との相性のよし・悪しも……。

先住猫がいるにせよ、最初から多頭飼いするにせよ、必ずしも猫同士が仲良くなれるとも限らないわけです。

多頭飼い前にチェック!猫同士の相性診断

猫にも個体ごとに性格があるので必ずは当てはまりませんが、一般的によい・悪いとされる相性があります。

  1. 兄姉猫 × 弟妹猫(相性がいい):性格にもよるが、基本的に兄弟・姉妹猫は相性がいい
  2. 子猫 × 子猫(まあ相性がいい):親が違っても、子猫からならまあ仲良しになりやすい
  3. 成猫 × 子猫(よいよりの普通):成猫の性格にもよるが、子猫の面倒を見てくれやすい
  4. メス成猫 × メス成猫(悪いよりの普通):一般的にはメスの方がナワバリ意識が少ない
  5. オス成猫 × オス成猫(やや相性が悪い):メス同士よりも、ナワバリ争いが起きやすい
  6. 高齢猫 × 子猫(相性は悪い):活発な子猫は、高齢猫の身体や心に負担がかかりやすい
たま師匠

猫にだって。いや、猫にこそ好き嫌いがあります。

▼ こちらもチェック!

先住猫がいるときの対面手順と注意点

先住猫と新参猫

1〜5日目:慣れるまではケージ越しに対面させる

新しい猫を迎えることは、先住猫にとっても、新参猫にとってもストレスのかかることです。

いきなり直接対面させるのではなく、まずはケージ越しに対面させて、様子を見るようにしましょう。

1〜2週目:新参猫の逃げ場所を用意しておく

ケージの外にでた新参猫にとって、部屋のなかはどこもかしこも先住猫のナワバリです。

先住猫が攻撃したり、威嚇したときに、新参猫が安心して逃げられる場所を用意してあげましょう。

2〜4週目:静観・介入すべきラインを見極める

最初は逃げまわっていた新参猫も、環境に慣れてくると先住猫とケンカすることがあります。

基本は静観(様子見)でいいですが、激しいとき、双方が怪我するときは迷わずに介入しましょう。

4〜5週目:あくまでも先住猫を優先して接する

猫も、人と同じように新しく家族が増えたら、飼い主を奪われたような気持ちになるものです。

あくまで先住猫を優先することで、先住猫の気持ちは安定しやすく、新参猫も受け入れられやすいでしょう。

ねこ林さん

それでも、嫌いな子はいるけれど……。

猫同士の相性がどうしても悪いときは?

飼い主がどれほど気を使っても、相性が悪ければ猫同士が仲良くなることは望めません。

相性の悪い猫同士を無理に同じ部屋で飼おうとすると、双方に大きなストレスがかかります。

愛猫家としては残念ですが、猫のためにも別々の部屋で飼うか、別の飼い主を探してあげてください。

関連記事

おすすめ記事

  1. 子猫たち
    ※ご紹介の保護猫団体には一度、電話やメールなどで問合せしてみてください。 ※保護猫団体の情報…
  2. 子犬たち
    ※ご紹介の保護犬団体には一度、電話やメールなどで問合せしてみてください。 ※保護犬団体の情報…
  3. 犬と人
    犬との暮らしでは、いろいろな場面でしつけが関わってきます。 そして、そのときに大切なのが、ど…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る