好き!猫が好意を寄せているサイン・ラブ度

猫と飼い主

飼い猫を愛している……飼い主なら誰しもがそうでしょう。

だからこそ、ふと不安になるのが、猫側はどう思っているのか。

そこで、今回は猫が相手に好意を寄せているときによくするサインと、そのラブ度をまとめてみました。

ラブ度:♡♡(大好き)

頭突きしてくる

猫の頬には臭線があり、好きなものにはその匂いをつけようとする習性があります。

いわゆる「マーキング(これは私のもの!)」のことで、頭突きは猫の愛情表現なのです。

ペロペロなめてくる

猫にとって、これ以上ないほど最大限の愛情表現です。

  • 好きだよ!
  • 遊ぼうよ!
  • 元気ない?

理由はいろいろと考えられますが、どれも飼い主が好きだからこそのペロペロです。

たま師匠

飼い主が元気なさそうなときもペロペロします。

お腹をふみふみしてくる

飼い主のお腹をふみふみするのは、まだ母乳を飲んでいたころの名残です。

母猫に見立てて子猫時代を思い出しているわけで、それほど猫にとって飼い主が大切な存在であるともとれます。

一緒の布団で寝る

猫と飼い主

猫は心を許した相手には警戒心がなくなり、むしろ側にいると安心するので一緒に寝ようとします。

とくに布団のなかは飼い主とべったりくっつく環境なわけで、それほど近くで寝ようとするのは、それだけ飼い主のことが好きという証拠なのです。

ねこ林さん

夏場は暑いので、離れて寝たいにゃ。

ラブ度:♡(けっこう好き)

お腹を見せる

子猫と遊ぶ

猫にとっても、お腹はとても大切な場所です。

それだけに、お腹を見せるのは飼い主に心を許している証拠ともとれます。

出かけると寂しそうにする

猫はナワバリ意識が強く、周囲の環境の変化にストレスを感じやすい動物です。

もし、飼い主が出かけようとするたびにすり寄ってきたり、悲しそうに鳴いたりするのだとしたら、飼い主がもはやその環境になくてはならない、大切な存在になっているといえます。

ねこ林さん

猫だって、1人は寂しいんです。

甘噛みしてくる

猫は口でも愛情を表現しています。

例えば、甘噛みもそのひとつで、「あなたのことが好き!」だからこそつい、カプッとしてしまうのです。

抱っこ中はじっとしてる

本来、猫は拘束(抱っこ)されることが苦手です。

だからこそ、抱っこしていても、猫が静かにしているということは、「あなたならいいか」と飼い主に心を許している証拠ともとれます。

ラブ度:♡(そこそこ好き)

見つめると目をつむる

猫は見つめられるのも苦手なので、嫌な相手ならすぐに目をそらします。

つまり、目をそらさず、目をつむるのはそこそこ好きな相手という合図なのです。

たま師匠

見つめられると、照れちゃいます。

近くで寝ようとする

猫に限らず、動物にとって睡眠はとくに無防備になる時間です。

だからこそ、安心できる場所、危険のない場所を探すわけで、もし猫が飼い主の側で寝ようとするのなら、それは飼い主なら安心できると判断しているととれます。

愛猫のラブ度をチェックしてみよう!

ご紹介した仕草と、そのラブ度はあくまで目安です。個体によっても差があります。

でも、猫がどれだけ飼い主に心を許しているのか、その指標のひとつにはなるので、愛猫との距離感を測るためにぜひ一度、チェックしてみてください!

関連記事

おすすめ記事

  1. 子犬たち
    ※ご紹介の保護犬団体には一度、電話やメールなどで問合せしてみてください。 ※保護犬団体の情報…
  2. ドッグフード
    愛犬の健康の第一歩は、日々の食事から。 そう、ドッグフードです。 でも、いざ選ぶとなる…
  3. 夜間動物病院
    ※ご紹介の動物病院は基本的に「予約制」です。診察前には一度、病院側に電話してみてください。 …

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る