【愛猫を選ぶコツ】迎えたい子のイメージをしぼる!

子猫たち

愛猫を選ぶコツはいろいろとありますが、まずは迎えたい子のイメージをしぼること!

猫は100種類以上いると言われており、イメージをしぼっておかないと迷ってしまいます。

そこで、今回は猫のイメージがしぼりやすくなるよう、項目ごとの特徴をまとめてみました。

猫を選ぶコツ1:オス・メスの性格

オスはやんちゃで活発

  • やんちゃ
  • 活発
  • 甘えん坊

メスは大人しめで気まぐれ

  • おとなしい
  • 気まぐれ
  • 自立心が強い

猫を選ぶコツ2:純潔・ミックスの特徴

純血種は猫種の特徴が色濃い

気品ある猫
  • 猫種ごとの性格の特徴がはっきりでやすい
  • 猫種ごとの成長の姿、大きさなどイメージしやすい

ミックスは丈夫かつユニーク

  • 純血種と比較して病気にかかりにくい
  • 掛け合わせによって姿、大きさはさまざま

猫を選ぶコツ3:子猫・成猫の特徴

子猫は好奇心旺盛で遊び好き

  • 好奇心旺盛で何にでも興味津々!いたずらしてしまうことも
  • 遊ぶの大好き!で積極的にコミュニケーションを取りたがる
  • 消化機能が未熟なので、栄養豊富で消化のよいものがいい

成猫は猫種本来の性質がでる

  • 年齢を重ねるほど落ち着いて、ゆったりと過ごすことが多くなる
  • 猫種本来の毛種や模様などの見た目、性質もはっきりしてくる
  • 代謝が落ちて太りやすくなるので、適度な運動と食事が欠かせない

猫を選ぶコツ4:短毛種・長毛種の特徴

短毛種はブラッシングがラク

雑種の猫
  • スポットやタビーなど模様のバリエーションが豊富
  • 気にならなければ、ブラッシングがあまり必要ない

長毛種は手触りが気持ちいい

  • 手触りがいいが、毛が長いので毎日のお手入れは欠かせない
  • 毛が長いことで熱がこもりやすく、夏場は温度管理が大切になる

猫を選ぶコツ5:毛色・模様の特徴

ソリッド

ロシアンブルー
  • 単色の毛(黒・白・ブルーなど)
  • 模様がない

バイカラー

  • 2色の毛(ブラックアンドホワイト・ブルーアンドホワイトなど)
  • 縞模様はない

キャリコ

  • 3色の毛(茶と黒と白の組み合わせのみ)
  • 「三毛猫」とも呼ばれる

タビー

  • 縞模様やスポットなど模様がある
  • 一部分だけに模様のある子もいる

トーティー

  • まだら模様(黒と茶の組み合わせのみ)
  • 金属の錆色に似ているため、「サビ」とも呼ばれる

猫の選び方6:体型ごとの特徴

コビー

  • 筋肉質でどっしりとしている
  • ペルシャ、ヒマラヤン、エキゾチックショートヘアなど

フォーリン

  • 筋肉質ながらスレンダーなスタイル
  • アビシニアン、ロシアンブルーなど

オリエンタル

  • 四肢も、胴体もほっそりとしている
  • シャム

セミコビー

アメリカンショートヘア
  • 四肢や胴体がやや長く、重心が高い
  • アメリカンショートヘア、ブリティッシュショートヘアなど

セミフォーリン

  • コビーとオリエンタルの中間
  • マンチカン、エジプシャウマウ、トンキニーズなど

ロング&サブスタンシャル

  • 大型かつ胴長、筋肉質でどっしりしている
  • メインクーン、サイベリアン、ノルウェージャンフォレストキャットなど

特徴が分かると選ぶのがもっと楽しくなる

猫は種類が多いだけに、猫種ごとの特徴もさまざまです。

だからこそ、特徴を把握しておくと相性ぴったりな子を迎えやすくなりますし、選ぶのも楽しくなります。

※ご紹介した特徴はどれも一般的なもので、個体によって差はあるのでその点はご了承ください。

▼ こちらもチェック!

関連記事

おすすめ記事

  1. 猫と心電図
    犬や、猫など大切なペットの健康維持には欠かせないのが、動物病院。 日々のケアの相談や、定期検…
  2. 子猫たち
    ※ご紹介の保護猫団体には一度、電話やメールなどで問合せしてみてください。 ※保護猫団体の情報…
  3. ドッグフード
    愛犬の健康の第一歩は、日々の食事から。 そう、ドッグフードです。 でも、いざ選ぶとなる…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る