猫も心地よく暮らせる!部屋づくりの5つのポイント

猫との暮らし

猫にとって部屋のなかが世界のすべて、と言っても過言ではないだけに、部屋の住み心地は重要なポイントです。

ベッドや食事、トイレを用意すればいい、それで住み心地のいい部屋になった……とは言い切れません。

そこで、今回は猫も心地よく暮らせる!部屋づくりのポイントを5つにまとめてみました。

心地よい部屋 ポイント1:ベッドは静かなコーナーに

猫は静かで、落ち着ける空間を好みます。

そのため、もっとも落ち着ける場所でありたいベッドは、静かな部屋のコーナーに配置しましょう。

  • ぐらぐらせず、安定している
  • 日差しが降りそそぎ、暖かい

心地よい部屋 ポイント2:水飲み場は複数あるといい

猫は頻繁に水を飲みます。

猫が欲しいとき、すぐに水を飲めるよう、部屋にはいくつか水飲み場を設置するのがいいでしょう。

  • 衛生面からフードからは離しておく
  • ゴミやホコリが入りづらいところに

心地よい部屋 ポイント3:フードはいつも同じ場所で

猫はテリトリー内の変化に敏感で、ちょっとした変化でも嫌がります。

とくにフードは毎日のことだけに位置が変わるとストレスを感じやすいので、いつも同じ場所にしましょう。

  • いつも同じ器を使うようにする
  • フードの種類もあまり変えない

心地よい部屋 ポイント4:トイレは目につかないように

猫も、人と同じように、排泄中がもっとも無防備になるだけに、周りの目がとくに気になるものです。

そのため、猫が必要以上に警戒しなくていいよう、トイレは人目につかない場所に配置してあげましょう。

  • 人の出入りがとくにないところ
  • フードや水飲み場からも離しておく

心地よい部屋 ポイント5:家具は登りやすい配置に

猫 高いところ

猫は木登りが得意で、高いところが大好きです。

そんな猫が、部屋のなかでも思い切り動き回れるよう、家具は登りやすい配置にしてあげましょう。

  • 棚を階段状に配置するといい
  • キャットタワーと組み合わせる

猫の習性から想像してみるといい!

猫と飼い主

猫にとって心地よい部屋とは、猫本来の習性で暮らせる空間です。

とくに「騒々しい場所」「変化が激しい場所」は猫にとってストレスになりやすいので要注意!

ぜひ、猫の習性から想像してみて、愛猫も心地のいい部屋で、いい関係づくりを目指してください。

関連記事

おすすめ記事

  1. 子猫たち
    ※ご紹介の保護猫団体には一度、電話やメールなどで問合せしてみてください。 ※保護猫団体の情報…
  2. 夜間動物病院
    ※ご紹介の動物病院は基本的に「予約制」です。診察前には一度、病院側に電話してみてください。 …
  3. 子犬たち
    ※ご紹介の保護犬団体には一度、電話やメールなどで問合せしてみてください。 ※保護犬団体の情報…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る